FU-sus21のプロジェクト・活動紹介


by fusus-21

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ココノイエプロジェクト(食と健康)
Naoko Ellisのココノイエ
九重 しゃしん記
九重 食の道
九重 湯の道
チアリーディング (FJCA)
キッズチアリーダー教室
Aqua Green Project
サスティナブル ツーリズム
サスティナビリティ
地域(北部九州の古代)
和の文化
四季折々の風物・・・自然と親しみ生きる
AltecとWEの伝説・・原音追求への道
カメラ ルジェンド

検索

最新の記事

ブログサイトの変更
at 2016-09-30 23:58
ブログサイトの変更
at 2016-09-30 23:58
アフガンの川筋男・・・中村哲医師
at 2016-09-13 00:00
景行天皇行幸・・・熊襲を制圧..
at 2016-09-11 18:22
くまモン頑張れ!福岡市役所前..
at 2016-09-09 21:11

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

その他のジャンル

外部リンク

画像一覧

ゴルバチョフの予言

1988年の国連で、当時ソ連の大統領であったゴルバチョフが演説し、気候変動に対する警告を発した。
「ソ連は一方的に兵器の削減を実施する。しかし、兵器の削減は安全に対する進展とは言えない状況が来ている。これからの世界の脅威は兵器ではなく、気候変動であることを知ってほしい。現在の状況がさらに続くことになると、気候変動は人類の生命を脅かすことになりかねない。」この発言により世界にサスティナビリティについて真剣に考えることを促した。4年後の1992年、リオデジャネイロで気候変動に関する世界会議が開かれたのである。それから10年経ち、ヨハネスブルグでサミットが開催されたが、一向に意見がまとまらず、いまや世界は実に深刻な事態になりつつある。そのことについてはNHKのメガクライシスで報道されたばかりである。

今回台風は、勢いが衰えぬまま、東北・北海道を襲った。多数の死者がでた。台風12号は、九州の西に入って衰えた。気候変動により、高温海水域が東に移動したのである。九州の西の海は水温が低く、そこに入った台風は衰える。三陸沖の海水温は高いため、台風は衰えぬまま進んだわけである。
しかも予測し得ないような大量の雨を降らし(海水温が高いため、大量の水の蒸発をもたらし、さらに気温も高いので飽和蒸気圧が上がるからである:大気中の水蒸気量が増え、寒気に当たると凝縮して豪雨になる)、多数の河川が氾濫し、死者・郁恵不明者を出してしまった。今後も気候変動は、多かれすくなかれ影響を与え続ける。

ゴルバチョフの予言を私たちは心して受け止める必要がある。もう後戻りはできないほどに深刻な状況となっている。温暖化は永久凍土を溶かし、その中に含まれるメタンガスを放出させる。メタンガスは炭酸ガスの20倍ほどの温室効果をもたらすのである。悪循環の始まりである。開発がますます危機を生み出す。環境の危機が兵器以上に恐ろしい災いをもたらすのである。

[PR]
by fusus-21 | 2016-09-04 23:32 | サスティナビリティ