FU-sus21のプロジェクト・活動紹介


by fusus-21

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ココノイエプロジェクト(食と健康)
Naoko Ellisのココノイエ
九重 しゃしん記
九重 食の道
九重 湯の道
チアリーディング (FJCA)
キッズチアリーダー教室
Aqua Green Project
サスティナブル ツーリズム
サスティナビリティ
地域(北部九州の古代)
和の文化
四季折々の風物・・・自然と親しみ生きる
AltecとWEの伝説・・原音追求への道
カメラ ルジェンド

検索

最新の記事

ブログサイトの変更
at 2016-09-30 23:58
ブログサイトの変更
at 2016-09-30 23:58
アフガンの川筋男・・・中村哲医師
at 2016-09-13 00:00
景行天皇行幸・・・熊襲を制圧..
at 2016-09-11 18:22
くまモン頑張れ!福岡市役所前..
at 2016-09-09 21:11

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

その他のジャンル

外部リンク

画像一覧

景行天皇行幸・・・熊襲を制圧するた旅

景行天皇は熊襲を制圧するために畿内を発った。周防国を経て、闇無付近に上陸し、国東半島付近の宇佐を経て、湯布院付近から緒方、日向から大隅半島、薩摩を経て、水俣、八代、天草を経て玉名に入った。玉名からは菊池、山鹿を経て、久留米の高良山あたりを凱旋し、浮羽、日田、玖珠などを進み、さらに宇佐を越えて、闇無付近に至り、周防から畿内へ帰還した。大雑把に言って、このように巡行したが、筑紫に入ろうとしなかったらしい。強大な政権、邪馬台国の全盛期かあるいは景行天皇が、畿内勢力の中ではミマキイリヒコ(崇神)とは異なる勢力であった可能性が考えられる。筑紫の日向から東征した神武の血を引く系統の天皇だった可能性もある。崇神は任那から来た勢力であるが、伽耶の血を引く神武とは異なる勢力として畿内を支配していたのかもしれない。古事記では、同時期にハツクニシラス天皇が二人存在している。崇神の後継は垂仁天皇であり、景行天皇は神武につながる系列の天皇とすれば辻褄が合いそうである。神武は任那の前身である伽耶の血を引いており、任那から来た崇神とは遠いが繋がりがあると言える。仲哀は景行の子であるから、当然ながら熊襲征伐に再来したと考えられる。しかし、息長足姫(神宮皇后)がなぜか参入し、熊襲を討つことはよくない。新羅を攻めるべしと神託を伝えた。それを納得しない仲哀は謎の死を遂げ、ここで息長足姫天皇(皇后ではあるが実質上の天皇)が取って代わった。神功皇后は景行天皇が遂げていない筑紫を巡幸福し、仲哀の死を伏せたまま、畿内に乗り込み、畿内瀬力を一掃して政権を奪取した。古代の大きな政変は、この後も続き、継体天皇が筑紫の磐井を倒し、畿内勢力の牙城を守った。また、蘇我一族と天皇家の争い、そして天智天皇と天武天皇の争いで百済系の天皇家が政権を守った。その後も南北朝の争いなどが繰り広げられるが、これらの戦いに九州勢力も多かれ少なかれ巻き込まれてゆく。





[PR]
by fusus-21 | 2016-09-11 18:22 | 地域(北部九州の古代)