FU-sus21のプロジェクト・活動紹介


by fusus-21

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ココノイエプロジェクト(食と健康)
Naoko Ellisのココノイエ
九重 しゃしん記
九重 食の道
九重 湯の道
チアリーディング (FJCA)
キッズチアリーダー教室
Aqua Green Project
サスティナブル ツーリズム
サスティナビリティ
地域(北部九州の古代)
和の文化
四季折々の風物・・・自然と親しみ生きる
AltecとWEの伝説・・原音追求への道
カメラ ルジェンド

検索

最新の記事

ブログサイトの変更
at 2016-09-30 23:58
ブログサイトの変更
at 2016-09-30 23:58
アフガンの川筋男・・・中村哲医師
at 2016-09-13 00:00
景行天皇行幸・・・熊襲を制圧..
at 2016-09-11 18:22
くまモン頑張れ!福岡市役所前..
at 2016-09-09 21:11

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

その他のジャンル

外部リンク

画像一覧

<   2013年 11月 ( 39 )   > この月の画像一覧

不敗の王国・・・神武も景行も入れなかった地域

古事記を読むと不思議な地域がある。神武天皇と後に呼ばれるイワレヒコは日向から宇佐を巻いて岡の港に入り、その後、軍を整えて闇無辺りから畿内に出航したと考えられる。筑紫には入っていない。景行天皇(あるいは倭タケル)も豊後から肥後に入り、熊襲を討って北上したが、凱旋は玉名付近で終わっている。やはり筑紫には入れなかった。以上のことより、筑紫には強力な軍団が存在したことに間違いはなかろう。これは卑弥呼や台与によって治められていた邪馬台国であろうと考えている。北部九州の連合国家である。これこそ、当時最強の軍団であったと推察している。当時の九州は邪馬台国とイワレヒコの日向政権、肥後の熊襲政権が互角の力量をもって対峙していたのではなかろうか。そのうち、イワレヒコは畿内に移り、熊襲は倭タケル(あるいは景行天皇、オオタラシヒコオシロワケ)の攻撃で致命的なダメッジを受け、その後は唯一邪馬台国の末裔がヤマト勢力と互角の力を有していたと考えうる。

4世紀後半、この地域に始めて入ってきた軍団がある。仲哀天皇と神功皇后の連隊である。タラシナカツヒコ(仲哀天皇)は紀ノ川付近から瀬戸内海を経てやってきた(これは怪しいとする説があり、任那からやってきてアナトでオキナガタラシヒメと合流したという説もある。この辺りは、いろいろな矛盾があり、真相は不明であるが、香椎で合流したことには古事記に明確な記述がある。)。オキナガタラシヒメ(神功皇后)はツヌガ(現敦賀)を出航し、出雲(古事記に記載はないが、古代出雲は敦賀や越と友好関係にあったと推定)、豊浦(アナト)を経て、洞海湾に入ってきた。その後、両雄は香椎で落ち合ったのである。北部九州の筑紫に大和勢力としては初めて侵攻した部隊といえよう。香椎に王宮を建立し、そこに留まった。今の香椎宮辺りである。

その場所で、タラシナカツヒコが謎の死を遂げ、そのあとオキナガタラシヒメはこの地で武内宿禰とともに国を治めた。大和ではなく、香椎で政治を行ったのである。天皇は胎中天皇と後にいわれるオオトモワケ(応神天皇)である。
[PR]
by fusus-21 | 2013-11-30 22:40 | 地域(北部九州の古代)

筍酢の説明書・・・NPO法人竹の浦夢創塾TTによる説明書

竹の浦の「筍酢」

地元の筍を使った、ツンとこないスッキリした味の日本初「筍酢」
加賀市大聖寺の山林で栽培されている「筍」から醪(もろみ)を造り、発酵と熟成を重ねて、日本初の「筍酢」が完成しました。米酢等の「穀物酢」と違い、クセがなくスッキリとした、お酢に仕上がっています。繊細な味のものにかけてお召し上がりいただくと、素材の味が壊れることなく、お楽しみいただけます。

調味料として、酢のもの、和えもの等に使うと、癖のないスッキリした酸味を楽しめる。
素材の味を壊さないので、和風、洋風どちらの料理にも良く合う。

加能ガキ、越前ガニ、香箱が二等の「蟹酢」として
岩ガキにも、洋風ではマリネに使っても美味しい


以上が、説明のすべてです。栄養素等の表示はありません。
[PR]
by fusus-21 | 2013-11-30 10:44 | ココノイエプロジェクト(食と健康)

食物ロスは800万トンあるいはそれ以上?

ココノイエプロジェクトでは食物を使い切ることの意義を強調し、傷む直前の生鮮野菜などは有効な発酵食品にする等の提案を行ってきた。その一つに酢の製造を考えている。その件について、最近マスコミ情報で、食物ロスは800万トンもあると報じられた。一方で、食糧がなく飢えた子どもたちがあふれる地域があり、そのなかで日本はこれでいいのかという話題であった。良いはずはないのである。

日本は食文化で世界に乗り出さないと将来は厳しいものがある。TPP等の圧力が増す中で、政府の政策を含めて対応が迫られている。攻めの農業が推奨される所以である。日本の誇る発酵技術は健康食の生産の中核となる。もともと、醤油、味噌、納豆等が注目されていたが、酢による健康法が最近の流行である。これにはあらゆる食品が対象になり、面白い健康食品や味の違い、栄養素の違い等が議論されるようになってきた。おそらく製法も違うのであろうが、その辺りはノウハウが多く詳細までは明らかになっていない。

ライオンはトマト酢を開発し、それが他の酢、特に米酢などと違って特徴があることを宣伝している。人参やトマトは毎日食卓に上がる野菜(果実)であり、大量生産されていると思われ、これを有効活用することは食物ロスを削減する有効な手段であろう。
また、バイオマスの有効利用として杉等の建材を用いた和風の住宅が注目されている。もちろん、漆喰を利用した土壁の家である。これも古民家の再生として流行っている。この件に関しては、日田の竹物商の方と話してみたところ、杉の林が荒れてゆく現状が判明した。若い人が林業から撤退したいま、竹の繁茂で杉林が荒れ放題になってしまったとのことである。その結果日田杉が危うい訳である。そこで竹の利用を考えよという動きがある。土木的には鉄筋の代替であったり、建築現場での櫓のパイプ等の代替に使えないか等、案は多数ある。
今日、紹介するのは食品として、竹になる前の筍を利用しようという話である。もちろん、すでに筍は5月頃にかけて旬の食材として食卓に上がるし、漬け物として東北地方では利用されている。今回新たに開発されたものは筍酢である。石川県のNPO法人である竹の浦夢創塾TTが開発したという。これが量産でき、健康に大きな効果が実証されたならば、成長する前の竹を使う訳であるから竹の繁茂を防ぐことができる。森林の荒廃防止対策として有効になる。楽しみな提案であろう。無花果酢とか杏酢とか美容に良い酢もあり、多くの野菜・果実が酢になるという。これに注目し、食品ロスの削減の一助にしたり、他にもたくさんの知恵を出し合う必要があろう。今後の食生活と食品ロスの削減、すなわち収穫した食糧を使い尽くす技術の重要性は、TPPや日本の食糧自給率を考えるとき避けてはとおれない課題と言えよう。
[PR]
by fusus-21 | 2013-11-30 08:29 | ココノイエプロジェクト(食と健康)

イワレヒコはいつ畿内にはいったのか

イワレヒコがどこを通って畿内に入ったかを推察したが、いつ入ったかが分からない。これは古事記では、かけ離れて遠い昔に東征したことになっている。古事記については、このようなことがあったということは事実らしいが、時期については適当に書いてあり、よくわからない。崇神天皇と神武天皇の時代は数百年の隔たりがある。しかし、両方がハツクニシラス天皇(スメラミコト)と呼ばれる。実に不思議なことである。

例えば、イワレヒコが崇神朝の発足した頃に畿内に入って並立したとすれば両方がハツクニシラスであるが、そうでなければなぜと疑問がわく。イワレヒコは宇陀に入ったあと苦戦し、その付近(橿原や桜井)に留まったに過ぎないのではないかという説がある。そこで、崇神王朝がもし纒向(纒向は180年頃、突然出現し、4世紀頃(350年頃)に突然消滅したという)付近に出来上がっていれば、これはミマキイリヒコの軍団であり、強力であったであろう。従って、九州の最強軍団といえども容易には攻略できないと思われる。激しい戦いで決着はつかなかったと見てよかろう。詳細は古事記には当然ながらない。そこでこの痛み分けの状況を描くにあたって、数百年の隔たりをもたせ、両方をハツクニシラス尊として、すなわち神武天皇、崇神天皇として記憶に残されたということも考えうる。天武天皇の配慮と言えまいか(天武天皇より以前の天皇は、古事記ができて後に、天皇として記述された)。イワレヒコはウガヤの出自で日向の大王、ミマキイリヒコはその後継である任那の城から来た大王とすれば、当時の日本、倭国は玄海と瀚海をまたぐ海峡国家として存在していたことになる。倭国の西北界は狗邪韓国であった。
[PR]
by fusus-21 | 2013-11-29 21:17 | 地域(北部九州の古代)

300B真空管アンプとアルテック 409-8Eの相性

CDとカセットテープの場合には、300Bと呼ばれる真空管アンプで聴くようにセットした。
LPの場合には、音のエジソンオリジナルの、宮島さんがシステム開発に使われていたSound Explorerという名のプリアンプ、同じくエジソンのパワーアンプを結び、ガラード301ターンテーブル、パートリッジの昇圧トランス、オルトフォンのトーンアームとSPUカートリッジの構成で音を拾っている。

300Bアンプは最近加えたので、CD(TEAC製)から300Bアンプに直結で聴いて、音慣らしをしている。エイジングやら装置と馴染ませるためにいろいろな儀式が必要になるので買って早々はただひたすら時間をかけて聴くという作業が必要である。LPのための「音のエジソン」システムを構成するスピーカーやアンプはすでに10年以上聞き込んでおり、十分過ぎるくらい時間をかけた。

300Bアンプの[仕様]は、以下のようなものである。
 使用真空管・・・・・12AT7×1、6N1P×2、300B(JJ 300B)×2
 入力・・・・・・・3系統(CD,LINE-1,LINE-2 )
 出力・・・・・・・1系統 8Ω(6~8Ωスピーカーに対応)
 入力感度・・・500mV/100KΩ
 出力・・・・・・・6W+6W
 周波数特性・10~35000Hz(-3dB1W)
d0282609_1972792.png

キット商品であるが、ウェブ上では名器として知られている。タモ材でつくった木枠に漆塗りをしてお化粧している。依頼した「飛鳥工房」が数か月かけて塗り重ねてくれたが、途中で漆にかぶれるというハプニングもあった、情熱の固まりの作品である。暗い中で撮影したのでその美しさが十分でていないのが残念である。徐々に色が浅くなり、美しいむらが出てくるのが楽しみである。

音のエジソン製スピーカーは、アルテック 409-8Eを基本とするもので、桜材にエンクローズされている。[仕様]は以下のようである。
ALTECの同軸8インチフルレンジユニット。PA用として誕生したモデルで明るくてカラッとしたサウンド!バスレフで鳴らしている。ユニット20cm、5cm(直径210×厚み80mm)  クロスオーバー2.5kHz 再生周波数帯域50〜14,000Hz 能率98dB インピーダンス8Ω(公称値) 重量1.3kg(ユニットのみの質量)

6Wの出力と高効率98dBのスピーカーの相性は良さそうだ。今日は、サラ ヴォーンを聴いた。ベースの低弦に乗って、彼女の太い声が歌う。独特の声であるが、エラ フィッツジェラルドとも比較してみたい。LPとCDの比較も楽しみだ。
[PR]
by fusus-21 | 2013-11-29 19:08 | AltecとWEの伝説・・原音追求への道

戦いの極意・・・太陽を背に戦う

イワレヒコは太陽に向かって戦うのは良くないといい、敵の背後に回り、太陽を背に戦う決意をした。
これは一般的な戦いの極意であろう。意味は少し違うにしても、古事記にあるとは驚きである。
宮本武蔵は、佐々木小次郎との決闘で、太陽を背に戦った。もう一つ、佐々木小次郎の物干竿と言われる大刀よりわずかに長い木刀を準備したと言われている。太陽を背後にするのは、まぶしさで相手が見えなくなる(距離感がつかめない)のを防ぐため、また逆光で、自分の表情を読み取られないためである。刀の長さは、同時に打ち込んだときに、相手の太刀をかわすためである。この場合、リーチも計算に入れておく必要がある。当然、重さを計算し、自らの腕力と見合ったものでなければならない。打ち込むスピードに遅れが出るからである。

話は変わるが、表情を読むことに関しては似たような話もある。
神様、仏様、稲尾様といわれた豪腕稲尾投手の話を聞いた。さすがに稲尾投手は打者の表情を読みながら投げていたとのことである。王さんは表情が読みやすかったが、長島さんは読みにくかったそうである。王さんはあの大きな目で、こちら(稲尾さん)と目を合わせてくれるので、何を狙っているかが読みやすかったが、長島さんは目を合わせなかったそうである。あっちの方を向いているので、こっちの方に投げるとバットが出てきて打たれたらしい。とにかく、何を考えているのかがさっぱり読めなかったとの話であった。
長島さんや王さんは別格として、普通のバッターになぜ打たれなかったか。相手が打ちにくると読んだら、「くそボール(ボールになるスライダーの意味らしい)」を投げるそうである。相手が打ちにこないと読んだらど真ん中にストレートを投げ込む。真っ向から勝負するときの球は150キロの豪速球とのこと。機に応じて投げ分けていたとのことであった(ついでに当時速かった尾崎の球速について質問してみたが、怪童尾崎は160キロは出ていたのではないかとの話であった)。
最近のマー君も,稲尾さんの極意が身に付いたのであろう。そうなると、当分、ほとんど負けないかもしれない。
稲尾投手は年間70試合ぐらい投げ、完投に、抑えという両刀をこなしたが、投手寿命も短かった。年間40勝以上が二回あるなんて信じられない鉄腕であった。常人とは思えない話である。

ソフトバンクの根本部長が存命の頃、稲尾さんとともに懇談する機会に恵まれ、その際に稲尾さんから直接伺った話である。その稲尾さんも今は亡い。
[PR]
by fusus-21 | 2013-11-28 22:32 | 地域(北部九州の古代)

神武東征の行路

神武天皇(カムイイワレヒコ)は日向の高千穂から宇佐を経由して岡の港に行き、帆柱山の木を切り出し軍船を準備、周辺で鉄製の武器を調達、軍団を結成して闇無(行橋)あたりの海岸から瀬戸内海を浪速に向かった。上陸を阻まれ、五瀬の命が戦傷し、一旦、現和歌山市付近に撤退した。そこで五瀬命が亡くなったので竈山に葬った。その後、田辺、御坊あたりに上陸し、太陽を背に攻撃するよう作戦を立て直し、陸から進軍したが熊(あたりの豪族?)の毒気にやられ、道に迷い行く手を阻まれた。熊野坐社の八咫烏が現れ、道案内をし、吉野川(現紀ノ川)の河口に着いた。その後、この河をさかのぼり、宇陀のあたりに陣を布き(宇陀での戦闘は極めて激しかったということである)、そこから太陽を背に戦った。こう考えると、歴史家がいう、「神武一行が吉野川の河口(河尻)に入った」という記述は、地理的に矛盾するという論理は少なくともなくなり、古事記の記述は妥当となる。

そもそも、新しく合併してできた三重県熊野市に古事記にある熊野村を比定することが無理ではないか。そのために、そこから紀ノ川の河口に行かず、宇陀に行ったとしなければ矛盾があると言うことに過ぎない。熊野村とは熊野地域にあった村のことで、当時は南紀一帯を熊野と言っていたので、その辺りの村と考える方が自然ではないか(参考:御坊市から東の山中に、和歌山県日高郡日高川町熊野川という地名もある)と考えるわけである。熊野坐神社は田辺市にあるし(もともと熊野川の中州にあったとされる)、そこには天照大神を初め多くの神が坐まし、その中に宇佐神社に祀られているイワレヒコの父、ウガヤフキアエズの名もある。イワレヒコが通ったということに矛盾はないと思われる。
[PR]
by fusus-21 | 2013-11-28 12:22 | 地域(北部九州の古代)

「逸品館」に推薦したいモノ・・・JJ 300B球

以前に紹介したボヘミアの硝子を使った逸品として、フレクサレットという二眼レフのレンズ「ベラー」とオーディオの真空管「JJ 300B」について紹介した。特に、この真空管はその姿とともに硝子の質がすばらしいという評価は高いが音質についてはどうかという評価はこれからと思われる。少なくとも好感を持って迎えられているようである。音質に関係あるかどうかは別にして、質量が中国製の2倍近いとと書いてあった。硝子の厚みが厚いのであろう。また、大きさも並ではなく、この辺りが低音域が豊かなことと関連しているのかもしれない。

私も紹介したように良い評価をしたいところであるが、まだ十分装置とのなじみが進んでいないのでもう少し経ってからと考えていた。クラシックでならしながら時間が進み、エージングだの何だかんだで少しずつ耳に聞き慣れてきた。この頃は、ジャズやエレキ(ベンチャーズ)をCDで聞いている。クラシックのLPの場合と比べて、またすこし違った感触を得ている。ベンチャーズは可成り良い音がでた。例の「テケ テケ テケ・・・」というところなど低音が締まって、はじけるような、なかなかいい感じである。改めてコストパフォーマンスの高い真空管と判断できた。満足できる音である。耳のいい人はWEの良さを強調され、なかなかこれには追いつけないといわれている。WEとは違ったタイプの響きではあるが、やはりこれも300Bの響きとの評価ではある。私の粗悪な耳にはJJ 300Bで十分そうである。もちろんWEは聴いてもいないので比較できないのだが、私の耳には「うまの耳に念仏」くらいのものかもしれないし、数十万いや100万円も出してWE 300Bを買う財力はない。多分、同じに聴こえてしまうのではなかろうかと、買えないことの言い訳にしている。ウェスタ−ン エレクトリック300Bについてはは耳のいい人にお任せしたい。少なくともCD音源ならJJ球は「グー!」と感じた。さすが、ボヘミアの名器と喜んでいる。次に、ヴォーカルを聴いてみよう。渋いエラ フィッツジェラルドかサラ ヴォーンがいいかも!(音のエジソンにWE300Bが出たので問い合わせた。主人曰く、球だけではいい音は出ない。前段、トランスなど全てトータルでの組み合わせが大事!と売ってくれなかった。つまり、無駄になってはもったいないとのこと。それほど優秀な球ほど調整が難しいとのことか。)

追記:キット品でアンプ自体は低価額であったが、佐賀の「飛鳥工房」でタモ材のケースをつくり、漆を塗り込んでもらった。1ヶ月も経つと漆の色も変貌し、なかなか高級感が(自然なむらが現れ)でてきた。このケースの色調の変化も楽しみとしている。もう1台の「音のエジソン」製のパワーアンプもケースを特注し、うるし塗にしたいと依頼した。もうすぐ完成しそうである(H26年4月8日)。
[PR]
by fusus-21 | 2013-11-27 17:48 | AltecとWEの伝説・・原音追求への道

金メダルを胸に帰国

今夜、チアリーダー世界選手権男女混成部門優勝の日本代表チームが帰国しました。
皆様の応援ありがとうございました。約束通り接戦を制して優勝しました。
d0282609_2340911.jpg

d0282609_23204222.jpg

[PR]
by fusus-21 | 2013-11-26 23:21 | チアリーディング (FJCA)

世界選手権結果速報

第7回世界選手権大会 最終日の結果をお知らせ致します。

先日の壮行会で演技した男女混成チームは優勝しました。世界チャンピオンの演技を前もって見れたことになります。ご協力ありがとうございました。

☆チアリーディング女子部門

優 勝 日本

準優勝 ドイツ

第3位 ロシア

第4位 インドネシア

第5位 チャイニーズタイペイ

第6位 フィリピン

第7位 イギリス

第8位 韓国



☆チアリーディング男女混成部門

優 勝 日本

準優勝 タイ

第3位 フィリピン

第4位 ロシア

第5位 香港

第6位 ベトナム

第7位 ラオス



☆グループスタンツ女子部門

優 勝 日本

準優勝 ドイツ

第3位 香港・B

第4位 フィリピン

第5位 香港・A



☆グループスタンツ男女混成部門

優 勝 ロシア・A

準優勝 タイ・A

第3位 フィリピン・B

第4位 ロシア・B

第5位 チャイニーズタイペイ

第6位 ロシア・C

第7位 シンガポール

第8位 フィリピン・A

第9位 タイ・B

第10位 タイ・C

第11位 スロベニア

第12位 イギリス

第13位 韓国

第14位 ドイツ

第15位 香港



☆パートナースタンツ部門

優 勝 タイ・A

準優勝 ロシア・A

第3位 チャイニーズタイペイ

第4位 日本

第5位 シンガポール

第6位 ドイツ

第6位 フィリピン・B

第8位 フィリピン・A

第9位 フィリピン・C

第10位 タイ・B

第11位 タイ・C



☆チアダンス

優 勝 ロシア

準優勝 ドイツ

第3位 ポーランド

第4位 日本

第5位 フィリピン

第6位 イギリス
[PR]
by fusus-21 | 2013-11-25 11:18 | チアリーディング (FJCA)