FU-sus21のプロジェクト・活動紹介


by fusus-21

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ココノイエプロジェクト(食と健康)
Naoko Ellisのココノイエ
九重 しゃしん記
九重 食の道
九重 湯の道
チアリーディング (FJCA)
キッズチアリーダー教室
Aqua Green Project
サスティナブル ツーリズム
サスティナビリティ
地域(北部九州の古代)
和の文化
四季折々の風物・・・自然と親しみ生きる
AltecとWEの伝説・・原音追求への道
カメラ ルジェンド

検索

最新の記事

ブログサイトの変更
at 2016-09-30 23:58
ブログサイトの変更
at 2016-09-30 23:58
アフガンの川筋男・・・中村哲医師
at 2016-09-13 00:00
景行天皇行幸・・・熊襲を制圧..
at 2016-09-11 18:22
くまモン頑張れ!福岡市役所前..
at 2016-09-09 21:11

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

その他のジャンル

外部リンク

画像一覧

<   2014年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

15000年前と2200年前の日本・・・大きな異質の流れ

15000年前の日本列島は氷河期における大陸の凍結で今より150mも海面が低かった。従って間宮海峡もベーリング海も海底がむき出しになっており、日本列島とユーラシア大陸は陸続きになっていた。当然ながら、朝鮮海峡や玄界灘も150m低く、福岡大学の辺りは海抜150mの山地であった。従って油山で猪や鹿を狩って生活していた人々が住んでいたことになる。その後、温暖化による海進(海侵)がおこり、福岡大学付近は浅海に浮かぶ島となったのである。
15000年前、北からの人々が陸続きの日本列島に渡り、さらに温暖な西や東に移動し、アラスカやハイダグワイを経てさらに南米へと移動した。これはインディアンとして北米大陸、南米大陸を支配したのである。日本ではアイヌといわれる毛深く、彫りの深い人が住んでいて、これは日本全域に及んでいたのではないかと考えられている。この時代には北方の方が気候的に厳しく、南に向かう流れが大きかったと推定される。寒冷なシベリアやモンゴルの辺りから南への移動が大きな流れとなっていたと思われる。沖縄の人も九州南部の人もやはり毛深く彫りの深い人々の血がつながっている可能性は高い。一方、2000年ぐらい前には韓半島を経て人が移動した。これはそれほど毛深くなく、どちらかといえばのっぺりした彫りの浅い顔立ちの民族であったらしい。彼らは鉄を運び、馬を連れてきた。同時にアイヌ等の先住民族を北と南に圧迫していった。北部九州から入り、畿内まどを支配していったのであろう。この二つの流れが日本人という民族の文化的基礎をもたらしたと考えられる。2200年前の流れは、日本列島を二つに分けるように進み、北部九州から出雲、敦賀を経て南へそして北へ移動した。当時の日本は大きな山のあるフォッザマグナによって北への侵攻は阻まれた。また南にも阿蘇山や九重山、祖母連山等の地理的風土が同じ役割となった。また畿内は、紀州(熊野)とは異なる地域になったのである。四国山地の南側と熊野(今の和歌山県)は古くは南海道といわれる地域であったのである。海ではなく、山が南北を分けたのである。阿蘇付近と吉野川、紀ノ川を通る構造線が地域を分けたと考えられる。

いずれにしても北部九州が日本列島への玄関として発展していたのである。もう一つに出雲と敦賀付近も玄関口となり、古代文化の拠点となっていた。出雲からは備前への道がつながり、敦賀からは琵琶湖を通って畿内とつながっていた。このような東アジアの民族の大移動の中で日本の文化が島国として独自に発展していいったと考えられる。



[PR]
by fusus-21 | 2014-07-31 20:51 | 地域(北部九州の古代)

邪馬台国東遷説が浮上・・・卑弥呼が巻向に都を築いた

先日のNHKで邪馬台国に関する新説が報道された。九州説と畿内説の激論が続く中での折衷案的な内容であった。倭国動乱のさなかに、九州にあった邪馬台国の女王卑弥呼が巻向(畿内)に居を移し、そこで亡くなり、それを継いだ台与がそこで君臨し、その後卑弥呼とともに伊勢に祀られたというような説であろうか。必ずしも正確ではないが、このような内容ともとれる報道であった。しかも、卑弥呼は伊都国の出身であるとのことも述べられた。伊都国には代々女王がいて、卑弥呼の親族が平原古墳等に眠っているともとれた。

上の説が事実とすれば、古事記のなかで景行天皇や仲哀天皇、神功皇后の条は古い言い伝とされ、時代的に矛盾した説話が挿入されている等の見解を受け入れる必要も生じ、少なくとも神武天皇、崇神天皇、景行天皇、仲哀天皇、神功皇后までの部分は前後関係も含めて書き換える必要がありそうな気がする。古い言い伝えということより、神武天皇、景行天皇、仲哀天皇、神功皇后は九州の王者と考えることが有力になる。九州から畿内に東遷したと考えるのが自然に思える。また、遠征し九州との間を往来したと考える。

再度、このことを念頭において魏志倭人伝や旧唐書、宋書などを照合しながら推理を巡らせることに興味がわき始めた。古代史の謎は興味津々である。

[PR]
by fusus-21 | 2014-07-30 05:54 | 地域(北部九州の古代)

食の安全保障・・・国産と地域産の活用

ベトナム産の糞便入り子持ちカラフトシシャモ、中国産の青カビ入りひき肉など食の安全性に関する報道があった。コスト優先の外食産業は大きな問題を引き起こし始めたが、すでにこれらは1970年代から予測されていた。工業を発展させ、農産品は儲けたカネで買おうという政策である。イギリスの農林関係の役人が国際シンポで日本の政策を驚いていた。ヨーロッパは第二次大戦後食料自給率が40%以下に落ち込んだ。戦後、それを復旧させ70%ぐらいまで回復させた。日本は終戦後、70%の食料自給率であった。しかし高度成長期に工業化政策によって40%以下に食料自給率が下がった。これにイギリスの高官は驚いたわけである。食の安全保障が損なわれているというわけである。そしていま、その兆しが現れた。これがエスカレートすれば食糧テロにも発展しかねないわけである。安部政権は戦闘ばかりを考えているが、この食の安全保障をどう考えているのか明確な方針を示し得ていない。矛盾だらけで進んでいる。

当時の政権は、カネを払えばカナダやオーストラリア、アメリカやブラジルが食糧を売ってくれると楽観していた。しかし、ブラジルもアメリカも事情が変わってきた。食糧資源の価額のつり上げなどを狙っている。トウモロコシから燃料油を製造し、食糧分の割当を減らせば価額のつり上げにつながるのである。ここにあたり、日本として食の自給をどう考えるのか明確な指針を示し得ない政府なんて失格であるといえよう。食こそ生きるために不可欠な要素なのである。先進国は、ほとんど自給自足を満たしている。アメリカ等は当然ながら農業国として成り立っているのである。先進国といえない日本の実情を国民はよく知らなければならない。食を自給できる国が先進国なのである。

こうして糞便入りのシシャモや期限切れの肉のかたまりを購入しなければ外食産業はやってゆけないことになりつつある。今回の報道は氷山の一角であり、他にも潜在しているとしか思えない。外食のマーボドーフ等ひき肉を使ったメニューを食べるとまともな味はしないことが多い。臭いのである。いかに食材の品質が悪いかを窺わせる。確かに青カビの生えた肉を食っても死にはしない。しかし、味はがた落ちであり、すぐに味覚で判断できる。決して食べたくはないはずである。

明るい兆しもある。イオンのサティというスーパーの片隅に地域の魚市場的なコーナーがあったり、地消地産の産地直送野菜が売られたりしている。最近、スーパーの外に地域の味方「やさいマン」などの福岡産や九州産の野菜を産地直送で売る店が若い人の経営でなされたりもしている。以前に紹介した川口青果なども地産地消でやっている店である。これらの店を支援しよう。冷蔵庫がないので、品揃えは少ないがその分安全で新鮮である。見栄えの良い化学処理した野菜ではなく、はねものの不細工な形をしたものが本当は美味しいのである。さらに無農薬の虫食いこそが歓迎である。先日、やさいマンでモンシロチョウが店頭のキャベツにとまっていた。農薬のないキャベツである証拠のように思えた。昆虫は農薬を撒かれた野菜にはやってこないのである。安全は虫たちが教えてくれる。農薬は癌も産み出す。用心、用心!である。少なくとも野菜の表面は水洗いをきちんとして農薬の侵入を防ぐことは健康食の鉄則である。できれば地産地消の店は無農薬野菜を選んで欲しい。

[PR]
by fusus-21 | 2014-07-28 09:15 | ココノイエプロジェクト(食と健康)

ヒポクラテスの医学・・・紀元前5世紀のギリシャの医術

ヒポクラテスの施す医術は、人間に備わる「自然治癒力ラテン語: vis medicatrix naturae)」、つまり四体液のバランスをとり治癒する自然("physis"ピュシス、「自然」の意)の力を引き出すことに焦点をあてたものであり、そのためには「休息、安静が最も重要である」と述べた[26]。さらに、患者の環境を整えて清潔な状態を保ち、適切な食餌をとらせることを重視した。例えば、創傷の治療には、きれいなワインだけを用いた。その他鎮痛効果のある香油もときに塗布薬として用いられた[27]。(Wikipediaより引用)

今の西洋医学とは少し異なるが、丁度中医学に近いともいえる内容である。癌に罹った多くの人が語るように暴飲暴食と睡眠不足が問題であったという。無茶な生活習慣に起因する病気には、バランスよい食事をとり、静養するなど、ヒポクラテスの考えにより治癒を図る、自然の治癒力を高める努力が大切といえよう。

ここではヒポクラテススープを紹介しよう。
d0282609_08531943.jpg
これがヒポクラテススープである。トマト、玉葱、パセリ、セロリー、ジャガイモ、ニンニク、白葱、これらを圧力鍋、あるいは普通の鍋の場合は1時間程度煮込む。これを濾過する(濾す)ことにより得られるスープである。つまり、バランスよい栄養価を考えた野菜スープといえる。塩分を加えることなく、自然の味つけで無理なく飲めるのである。ギリシャの昔から病気の人に飲ませると治癒したとの経験が生かされている。中医においても数千年の昔から様々な薬草が伝わっているが、上記の野菜スープはギリシャの医者、ヒポクラテスにちなんで命名され、いまでも通用している。わたしも癌再発予防で愛飲している(今朝飲んだものの写真)。いろいろ食事療法が出版されているが、食事療法だけでは癌の克服は難しい。要はバランスよい食事と良質の医術の併用で癌を予防することが肝心!

[PR]
by fusus-21 | 2014-07-27 09:00 | ココノイエプロジェクト(食と健康)

入院しての楽しみは起床6時に始まる看護師さんの声・・・退院後のの楽しみは起床6時に聞く蝉の声

入院中は、午後の10時に消灯となり、朝の6時が起床時間である。看護婦さんがやってきて、血圧と体温、便や尿の回数などを確認、そしてその日の検査時間などの伝達が行われる。その声が響き始めると現場が活気づき、真夜中の辛い眠れぬ苦痛から開放される。患者への伝達の合間など楽しい時間ではある。というより、入院して退屈な時間を過ごす中で唯一の明るい会話の時間であろう。最近は看護婦と呼んではならない。看護士(師)である。中には巧妙なやりとりで雰囲気を盛り上げてくれる人や、漫才まがいの患者とのやりとりもあり実に楽しい時間となることがある。入院の常連者の人もいてこれはさすがに新入者とは違う雰囲気が醸し出される。

誕生日の7月25日に退院した。朝は蝉の声に始まり、この季節はワシワシのクマゼミが全盛である。庭の縞トネリコの木に密生してうるさいほどに鳴く、今日は5時15分に目覚めた。ワシワシではなく、ジージーというアブラゼミがほの暗い中で鳴いている。ワシワシに比べて何と謙虚なことであろう。もの静かに鳴いている。昔は、ニーニーゼミやアブラゼミが沢山いて、ワシワシは少なかった。今、勢力が逆転し、ニーニーゼミは自然の残されたとても狭い範囲にしか生息しない。静かな朝に蝉の声は良いものだ。生きていてよかったと感じさせる。6月の蛍、7月の蝉そして8月のコオロギと季節の変わる日本の素晴らしさもいまや危うい。人間のむやみやたらのエネルギーの使い過ぎが気象の激変をもたらし、全国いたるところで連日38度以上の熱暑が続いている。ホットではなくヒートである。自然はどうなるのであろうか。この5時、6時というまだ涼しい時期に蝉は活動する。5時半にワシワシが騒ぎ始め、アブラゼミの声がかき消された。このようにして小さな声の蝉は伴侶を得ることができなくなり、数を減らしてゆくのであろうか。「鳴いて身を焼く蝉よりも鳴かぬ蛍が身を焦がす」という古くからの名文句をしみじみと感じる日々である。

[PR]
by fusus-21 | 2014-07-27 05:39

S字結腸の癌でも場所によって結果が変わる

今回、たまたま同室に入院していた方が同じS字結腸癌であったが場所が少し違うだけで結果におおきな差が出ると分かった。直腸に近い場所であるとかなり難しい手術になるらしい。同じ腹腔鏡手術ではあるが困難度が大きく異なると聴いた。

まず手術に要する時間が、わたしは6時間と聴いていたが4時間半で完璧に切除でき、しっかりと大腸もつながった。ところが、結腸に近かった人は手術時間が10数時間に及んだらしい。しかも時間に応じて出血が増え、輸血も必要だったと聴いた。さらに、結腸に近いため手術後の便の排出に人口肛門が必要になる、したがったこの人口肛門をつなぐ操作等が長引き、手術時間が影響されるのであろう。また、転移もあったという。わたしの場合、すべてが幸運だったとしか言いようがないのかもしれない。転移があったので術後の化学療法も大変であったようである。しかも転移で別の臓器がやられたため、さらに繰り返しの手術も必要になる。ひとつ崩れると悪循環がやってくるのだ。まさにこれらの病魔と闘い生きてゆくのは大変である。もちろん、わたしもそれを覚悟したが、ひとつ良い方向に転ぶと次々に良いことになることも分かった。あとは、転移や再発を防ぐ努力をすることになる。そのためには、腸を回復させ、癌に良い食事をとることである。ここ数ヶ月はそのための準備、小腸をもとの状況に戻すための食事が優先される。

これまで行ってきた食事が免疫システムを充実させ、全力で癌の他臓器への侵入を押さえてくれた。これをさらに充実させるのは秋が深まり、正月に近づく頃であろうか。このNPOには食事のプロ、山口怜子さんがついているので安心をとのことである。病院には強力な医師団と栄養士、加えて本NPOには食研究のプロ、このような専門家に囲まれ大船に乗った気持ちで頑張ろうというところである。

[PR]
by fusus-21 | 2014-07-26 16:09

術後の小腸の閉塞で再入院、そして退院・・・外食の食材に注意!

大腸(S字結腸)に侵入した癌を切除し退院したが、外食で食べた酸処理した劣悪な海苔が術後の回復期にある小腸の癒着した部分に詰まり炎症を起こして再入院した。即入院となったが、鼻からチューブを胃に届くように入れ、小腸に行けずに溜っている胃内の滞留物を注射器で引き、その後絶飲食で2〜3日置かれ、回復した。術後の癒着は、よくあることであるが柔らかい詰まらない食で通しながら経時的に慣らしてゆく。そこで、外食の劣悪な食材(消化の悪い、詰まり易いもの)を食べることで閉塞は起こりうるとのことである。上記のチューブを入れて自然回復を待つ方法(当然ながら下剤と腸を動かすツムラダイケンチュウトウで腸を動かし小腸内の詰まった食材を自然に出させる)を保存的療法というが、それで回復しない場合は手術となる。手術はまたあたらしい癒着をもたらす可能性があり、悪循環を産み出す可能性もあるため必ずしも推奨されない。自然治癒を試みるのが最善である。今回はこれで回復したが、外食には極めて劣悪な食材が使われていることもわかり、注意が必要である。最近上海で摘発された肉食材のメーカーはもとより、意外にも海苔は健康食品ではなくなったことが判明した。コンビニやスーパーで売られているおむすび用の浅草海苔は有明海で生産されているが、浅草海苔は酸処理によって酸に弱い他の海苔類を駆逐しながら生産されている。これは酸に強いだけでなく、製品は壊れにくいため、また生産場で残ったものは腐らずに海底に膜を張り(腸の壁にも消化せずに膜を張る)底泥の貧酸素化をもたらし、貝類の絶滅を促進している。この後の有明海は死の海への道をひた走っているのである。くしくもこの食材は、弱ったわたしの小腸を襲ったわけである。このような劣悪な食材を不買にする努力が必要である。
こような海苔は特に幼児に食べさせるのは禁物である。わたしの胃腸は18日間の絶食と絶飲食を経て幼児並みになっているので、この状況で詰まったということは幼児に食べさせることは危ういことになる。もちろん幼児でなくとも、食材として好ましいものではないといえる。

[PR]
by fusus-21 | 2014-07-25 11:32

USB DACシステムによる原音再生・・・・音のエジソンアンプとアルテック886A

オーディオの世界で注目を集めているUSB DACシステムがあり、これまでのCD音源を凌ぐシステムを組むことができる。もともとガラード301からパートリッジのトランスを経てLP音源を出力していたが、今回その音源をPC音源としてDACを経由するシステムを構築した。ハイレゾといわれる高音質の音源がPCで得られるため原音追求が新しい形でできそうである。まずPC音源はWi-Fiを経てマックエアに取り込む。これからDKLオーディオのDA-90(96kHz USB DAC)をDACとして選んだ。ここからはボリュームスウィッチを経て、音のエジソンアンプ6B4G(2A3の改良型)へ、そしてそのスピーカー端子からウェスタンエレクトリックの純銅線ケーブルを経てアルテック886Aスピーカーシステムにつなぐ。ボリュームスウィッチボックスは特注品で内部配線はウェスタンエレクトリックの純銅線で結線してある。デジタルでありながら1970年代の音質を再現できる。しかも極めて小型、コンパクトである。
d0282609_06414407.jpg
DACとボリュームスウィッチの横にニコンのレンズキャップとプラナー50mm
F1.4標準レンズを置いてある。大きさを比較して欲しい。後ろのプレアンプはラックスマン 35マークIIである。
d0282609_06422700.jpg
アルテック886Aの上でわずかに幅がはみ出す音のエジソン小型アンプ。わずかに幅が広がったのはタモ材に漆を重ね塗りした木製ケースに収納したため。エジソンさん曰く!見かけで音は変化しない。しかしここがこだわり!

さて、アルテック886Aのスペックであるが謎が多い。とりあえず外観だけからわかる内容を示しておく。2ウェイである。10インチウーファーと同じサイズのパッシブラジエーターが並んでいる。その中央端のツィターは2インチ径のコーン型でウーファーの高域を補強している。内部インピーダンスは8Ω、再生帯域は40~18kHzである。寸法は65Hx37Wx30Dcm、質量は1本当たり20kgである。スプルース集積材で作られているらしい。これと比較しうる音のエジソンの小型スピーカーシステム409-8Eはエレクトロボイス製のユニットを搭載している。これは同軸2ウェイ 8インチ径である。内部インピーダンスは8Ω、出力帯域は80~15kHzである。音圧は97.7dBの高能率でアルテックに同等と思われる。ボックスのサイズは58Hx35Wx29.5Dcmと少し小型、質量は12.5kgであり、材質は桜集成材である。出力帯域の低域がアルテックは40Hzで、409-8Eは80Hzであり、その差は耳で聴き取れる範囲にあり、どうしても差はでてしまう。高域は互角のつややかな音質である。結線のこだわりは、USB結線以外はすべてウェスタンエレクトリックとベルデン極太純銅線である。ハイレゾ音源が入力されたときの出力は実に艶があり、極上の音色である。
音のエジソン409-8Eシステムはバイオリンの高域がつややかに流れるという音質のスピーカーである。バイオリン協奏曲が好きであったわたしの好みに合わせてセットしていただいたものである。ブルッフのスコットランド幻想曲やバイオリン協奏曲を好んで聴いていた頃に購入したものである。一方、アルテック886Aシステムは、低域から高域までバランスよく弾むような音質の小型スタジオモニターとしての特徴を遺憾なく発揮するシステムと評価できる。チェロを聴くにはには886Aが優る。コルニドライやシュタルケルのコダーイ無伴奏チェロはこちらで聴く。パワーアンプ(低出力の無帰還シングルが好み)はともに音のエジソン小型システム(6B4G管球:2A3の改良型)の響きが最高のように聴こえる。これは好みでかわるかもしれない。300B(JJ管)の低域の迫力やEL34(アンペレックス管)の乾いたエレキギターの音質も捨てがたい。

[PR]
by fusus-21 | 2014-07-19 06:53 | AltecとWEの伝説・・原音追求への道

暇に任せて癌と闘う食事の本を読んだ・・・基本はこれまで掲載してきたことで問題ないと分かった。

多くの癌の再発を防ぐという単行本や雑誌を読んだ。基本的にはこれまで実践したことで問題ない。ではなぜ癌に罹ったのか。

結局、暴食と睡眠不足に原因があるのであろう。清水国明(あのねのね)氏は暴飲暴食と睡眠不足が原因といっている。わたしは暴飲はなかったと確信している。暴飲があれば、おそらく癌は十二指腸より上にできるのではないか。わたしは暴飲がなかったのでS字結腸にできたといえるかもしれない。

食生活は健全でも、食べ過ぎは良くないのである。丈夫な胃が災いして、腸が傷んだといういうことではなかろうか。当然、減塩食にしてあったが、量的には塩化ナトリウムを基準をはるかに越えていれてしまった。野沢菜を一袋買ってきて半分ぐらい食べることもあった。まさに暴食といえよう。

いまは、切った腸を守るため腹五分くらいで食べているが、数ヶ月したら腹七分くらいに量を増やそうと思っている。この正月からは通常の食事に戻したい。
きょう山口怜子さんから電話がはいり、料理のプロ(彼女のこと)がついているから食事は任せなさいとのことで安心である。また、転移に関しても済生会の医師団が手ぐすねをひいて待機中であり、そう簡単に侵入させないように油断なく臨みたい。

この3ヶ月はむしろ腸を守るための食事に重きをおき、腸閉塞等の手術の後遺症から腸を保護する食事としたい。柔らかく食物繊維の少ない料理を心がける。正月からは蓮根、葱、牛蒡、もずく等繊維を意識した食事も考える。当然ながらバランスが大事で、繊維を採りすぎては逆効果なのである。常に腸をいたわる努力をし、栄養のバランスを考えることである。
d0282609_18363947.jpg
術後食の典型である。キスの塩焼きは姪浜産で活きがよく美味しい。柔らかい身である。マーボ豆腐に似せて、赤みの肉を挽き豆腐と煮ている。プチトマトも味付けに加えてある。あとも卵豆腐とヨーグルトとすべて柔らかい。飯はじゃこ飯。食前に、人参、リンゴ、キャベツ、カボスの絞り汁のジュースを一杯。この中にはジューサーで砕いたキャベツの繊維がかなり入っている。

[PR]
by fusus-21 | 2014-07-17 18:04 | ココノイエプロジェクト(食と健康)

博多湾 姪浜の魚にこだわる・・・お腹にやさしい食材

癌食というよりは今は術後のお腹を守る食事を優先させている。その場合、タンパク源としては魚が最もふさわしい。食事指導によると、魚の中で鯵、ヒラメ、カレイ、スズキ、サケ、タラ、タイ(甘鯛も考える)が身が柔らかく好ましいとのことであった。近所のサティーの鮮魚売り場には「魚西(西新の魚屋)」と同様に、姪浜市場コーナーが一角を占めている。そこで新鮮な地産地消の魚を入手できる。
リハビリの散歩がてらそこに出かけた。まず、姪浜産ではカマスがあった。またヒラメも来ていた。今日はキスがおすすめだった。これらを購入し、毎夕食で順に食べてゆくことにする。甘鯛がでたときは塩焼きのために冷凍して保存しようと考えているが、最近出ていない。
d0282609_19170633.jpg
昨夜のカマス(姪浜産の新鮮なものを塩焼き)
d0282609_19173478.jpg
上はヒラメの煮物である。とても柔らかい。一匹もの(姪浜漁港から入荷)で売っていたので、調理してもらって購入。黒い肌を表にして左に目があればヒラメ。先日の北海道産のキツネカレイは右を向いていた。ヒラメは刺身の方がよく、また唐揚げも美味しそうだ。カレイは唐揚げも、煮物もいける。姪浜産が出るのを待とう。

また、入院中に、サティを出て信号をわたったところに産地直送の野菜屋がオープンしていた。姪浜の魚、九州の産地直送の野菜を眺めて帰る楽しみができた。食い気ばかりで恥ずかしいが、あくまでも癌再発防止食にこだわろう。少なくとも10月までは腸にやさしい(閉塞を起こさないように)繊維レス食でゆき、正月からは癌再発防止食としたい。




[PR]
by fusus-21 | 2014-07-16 19:25 | ココノイエプロジェクト(食と健康)