FU-sus21のプロジェクト・活動紹介


by fusus-21

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ココノイエプロジェクト(食と健康)
Naoko Ellisのココノイエ
九重 しゃしん記
九重 食の道
九重 湯の道
チアリーディング (FJCA)
キッズチアリーダー教室
Aqua Green Project
サスティナブル ツーリズム
サスティナビリティ
地域(北部九州の古代)
和の文化
四季折々の風物・・・自然と親しみ生きる
AltecとWEの伝説・・原音追求への道
カメラ ルジェンド

検索

最新の記事

ブログサイトの変更
at 2016-09-30 23:58
ブログサイトの変更
at 2016-09-30 23:58
アフガンの川筋男・・・中村哲医師
at 2016-09-13 00:00
景行天皇行幸・・・熊襲を制圧..
at 2016-09-11 18:22
くまモン頑張れ!福岡市役所前..
at 2016-09-09 21:11

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

その他のジャンル

外部リンク

画像一覧

<   2015年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

花に囲まれて退職・・・3月14日の最終講義で送られた花が枯れるころに、また新たに花が!

d0282609_00020256.jpg
花に送られて退職する。私はこんなハッピーな雰囲気に恵まれて退職できるとは思わなかった。これまでお付き合いいただいた皆様に感謝、感激というところである。これから少しずつ、恩返しをしなければ罰が当たるかもしないと思うこの頃である。
d0282609_00021150.jpg
たくさんの花だったので2つに分けてアレンジしてみた(うちのかみさんのアレンジである)。
[PR]
by fusus-21 | 2015-03-31 00:02

フラワーアレインジメント・・・わたしの第1作

フラワーアレインジメントにお誘いを受け参加した。花類は準備してあったものを使ったので必ずしもわたしのオリジナルとは言い難い。
d0282609_23492504.jpg
とりあえずは作品第1号ということにしておく。
d0282609_23503838.jpg

下は上からのアングルである。

盆栽として育てつつある富士桜「湖上の舞」が開花した。
d0282609_23574582.jpg
d0282609_23585761.jpg
小さなピンク色の桜で、日本古来の桜だとか。枝がくねくね曲がって伸びるのが特徴である。下からのアングルでヤマカン撮影してみた。

[PR]
by fusus-21 | 2015-03-29 23:50

開花した黒椿と富士桜(湖上の舞)

陽気が続き、福岡の桜開花と同時に家の盆栽の桜も開花宣言。日本固有の桜で富士桜と呼ばれる品種で、その中でも湖上の舞と言われる盆栽である。くねくねと曲がった枝に小さな白い花が咲いた、可憐である。
d0282609_07561696.jpg

同時に黒椿の花が咲いた。色は椿の中では黒っぽく、その名の通り黒椿という名を冠している。これから先は庭の花が一斉に芽吹くよう陽春の時となる。もうしばらくである。
d0282609_08030370.jpg

[PR]
by fusus-21 | 2015-03-25 07:59

サンデイ毎日の準備

サンデイ毎日に向けて準備中であるが盆栽は始めたが水やりが大変である。気楽な稼業も楽ではない。
引越しの準備のため倉庫の整理をしていたら若い頃、中国で買ってきてお蔵入りしていた、筆や墨、端渓の硯などが出てきた。青墨などが御隠れになっていたのである。
野芥の家から3分のところに宮廷書道家の篠崎流水師が住んでおられる。早速、門を叩いてみたら、いきなり筆を持たされ30分くらいの特訓、4月第一週から入門となった。特に男の入会は嬉しいらしい。「風水の龍」にこだわる先生で、NHKに出演し龍の書を書いて有名らしい。明治以降、日本の30人の書家と言われる名人らしい。会は、「書友龍粋會」とかいう。もう少し実態がわかってから詳細は述べたい。ウェストン先生愛用の「龍のTシャツ」はこの人の作品らしい。その話をしたら、ウェストン先生に合うようなサイズがあったかなーという話であった。なんと福大ブラスバンドの終身名誉指揮者、尾木先生とも知り合いで、世の中狭いですなーといことになった。私にはどうもこのような話が多すぎる(例えば、ハイダグワイの渡し場でセヴァン 鈴木さんの夫君に偶然出会ったような。)。
書のあとは昔からの憧れであった墨彩画に挑む。なんと教師は家の道路を隔ててお隣に住んでおられるご近所様だ。城戸久美子先生!城戸さんとしてお付き合いがあるが、まさか墨彩画の先生とは知らなかった。野芥に来てみると弟子入りしなければならない先生がたくさんおられ、筑紫岩窯の中垣さんもその一人だ。サンデイ毎日と言ってうそぶいていたが、大変なことになった。時間が足りるかな。

[PR]
by fusus-21 | 2015-03-23 07:56

花もアレンジ次第で雰囲気が変わる

多くのお花をいただいたので色々アレンジを変えてみた。アレンジ次第で雰囲気は大きく変わるものである。


d0282609_06291877.jpg
まとまり感をもたせたアレンジ
d0282609_06300282.jpg
下は広がりを強調したデザイン
d0282609_06302537.jpg
d0282609_06301232.jpg
清楚に!
d0282609_06303992.jpg
豪華に!
d0282609_06365524.jpg
紅薔薇のオンパレード!
d0282609_06314083.jpg
黄色のラン!
d0282609_06314990.jpg
小さなラン!
d0282609_06551363.jpg
オニキスとクリスタルとともに

[PR]
by fusus-21 | 2015-03-20 06:34

最終講義を終えて・・・感謝、感謝の幸せな1日を過ごせた


声帯を痛め、声の出にくい中で最終講義となったが、研究室の卒論生、修論生、博士課程の修了生とごく身近な人々に限って実行した。手術の後遺症で準備不足、急速な大掃除のための資料喪失のなかで不十分な話しかできなかったが、それはそれとして350人余りの卒論生の中でおよそ100名が参加しての集会となった。研究室の担当者としては嬉しい限りであった。それも遠くから忙しい中休暇をとっての出席であり、ありがたいというほかはない。このような状況の中での開催には消極的で、最終講義はしないと宣言していたのであるが、終わってみると卒論生の笑顔、笑顔でやってよかったということになった。多くのお祝いをいただき感謝、感謝の1日であった。
d0282609_05485516.jpg
以前に私には日本酒が似合うのかと書いたが、やはり酒がやってきた。千福、播州一献のほか杜乃蔵、1984年もの(私の就任年度にちなんだ)のワインなどうまい酒を味わいながら幸せな時を過ごしている。そのほか、お花もたくさんいただき癒されている。一番弟子の小川君からのぐい飲みや富士招福杯で花を眺めながら味わう酒は格別である。
d0282609_05545876.jpg
d0282609_05543332.jpg
d0282609_05554218.jpg
さらに羊羹やかるかん饅頭と甘党の私には嬉しいプレゼントもあった。パジャマ、襟巻き、ハンカチなどの実用品も嬉しい限り、「必ず身につけてくださいよ、毎日」というコメントも嬉しかった。また高価な旅行券、商品券などそれぞれに心の篭った贈り物や、私の趣味のカメラをというわけで、組み立て式のカメラまであった。企業関係者からはお祝いのお祝儀など身にあまる贈り物があった。なんと感謝していいのかわからない。何にも増して、ここに足を運んでいただいたことが嬉しい。今日のこの日に出席できなと事前に訪問した方からもご厚情をいただいたことはすでに示した通りである。31年間働いてきて、これほどの祝福をいただくのは予想外の身にあまる光栄であったと、心からお礼を申し上げる次第である。

なお当日は玄関先でボタンが開花した。この日を祝福して咲いたような気がする。
d0282609_06111263.jpg
大腸ガンは肺に転移している可能性も大きいと前日にもうし渡されたが、それを吹き飛ばすだけの励ましであった。なんとなく体が軽くなったようの気がする。ガンとの戦いは始まる。23日はPET検査である。

[PR]
by fusus-21 | 2015-03-16 05:47

やはり私には日本酒が似合うのか!


最終講義に参加できな人が次々に訪問し、思い出話に時間を過ごした。亜r難いことである。

私には日本酒が似合うのか、酒のプレゼントが多かった。よほど酒の席が印象深いのであろう。
広島の助川君から千福!全日本金賞の名手である。柳君、大塚君、宮前君は播磨一献!やはり桐箱入りの重たい一升瓶を兵庫から運んでくれた。彼も広島出身ではあるが、今は兵庫に勤務中。何れ劣らぬ銘酒である。
d0282609_07490444.jpg
d0282609_07501362.jpg
一番弟子の小川君からはぐい呑、焼酎カップではあるが、これで豪快に2本酒をといことであった。日本酒もこれで一杯をめどにぐいっと行こう!
d0282609_07574353.jpg
宮前、柳、大塚君からは富士招福杯。これでカミさんとちょこっと飲んでくださいとのことであろうか。あくまでも料理酒にはしないようにとのことであった。播州一献は料理酒にできるような酒ではない。ぐいっと飲む酒である。感謝を込めて乾杯!
d0282609_08075866.jpg
今日は最終講義、80名が参加するという。都合が悪く参加できないと前もって訪問した人を含めて約100人が出席。楽しいときが過ぎてゆく。

[PR]
by fusus-21 | 2015-03-14 08:03

いよいよ定年まで2週間、最終講義が明日の土曜日に迫る

福岡大学での最終講義が明日になった。楽しく過ごせた31年。1月から2月にかけて多くの卒業生が大学を訪問した。最終講義に出席できないので前もってきたというわけである。嬉しい再会が多かった。

お祝いに源右衛門窯の夫婦茶碗や富士の招福乾杯おちょこのプレゼントがあり、皆で健康を祝ってくれた。明日は80名ぐらいが参加するという。手術の後遺症で声が出ないのでどういうことになるやら。少し心配はある。

エッシェンバッハのルーペとかワニ皮の小銭入れなどのなかなか凝ったプレゼントもあった。
3月7日には応援指導部の祝賀パーティがあり、約100人の部員、OBに祝福された。嬉しい限りである。
d0282609_07582623.jpg
宮前、柳、大塚君からの富士招福杯、松尾かおりさんからの源右衛門窯湯のみ

d0282609_07233670.jpg
ブラスバンドからのお花
d0282609_07235756.jpg
    チアリーダーからのお花
d0282609_07282500.jpg
     エッシェンバッハのルーペ:薄型で携帯に便利

応援団からの心こめた祝いの品で感謝感謝の一言。
 

d0282609_07461238.jpg
    大森さんと田代さんからの小銭入れ! いずれも必需品。そして高級品。これを持つに相応しいように人間形成を!と言われているようだ。

[PR]
by fusus-21 | 2015-03-13 07:58

桃の節句も過ぎ・・・・・・

桃の節句も過ぎ、足早に3月も駆け抜けて行く。3月14日の最終講義までに、今後何をするのかくらいは考えておかねばなるまい。未だ声が出ない状況ではあるがマイクを使って何とかと言うところである。最近は多くの卒業生や懐かしい方々の来訪を受ける毎日である。最終講義に用事があるので、その前に来ましたと言うわけである。今日は松尾かおり副手が大学受験を終えた息子さんとともにやってきた。医学部の合格通知をまっているとのことであった。春を待つのは心が踊るものである。ましてや大学の医学部受験。合格電報はどのような文言になるのであろうか。

鹿児島大学は落ちた場合が「桜島不発!」であるとか。それぞれの地域の特徴がでていて面白い。京都大学は落ちれば「桜散る.再起を期せ!」であるが,合格は単に「合格おめでとう」と味気ないものであった。東大は何であろう。ひょっとしたら「銀杏散る」かな等と想像してみる。樹木で言えば,熊大は椿、東大は銀杏、京大は橘、昔は葵であったが,最近変更になったのである。九大は松であった。それぞれに特徴がシンボルツリーがある。北大は木の葉ではないが,校章はエンレイソウである。調べれば面白いかもしれない。
[PR]
by fusus-21 | 2015-03-03 17:12 | 四季折々の風物・・・自然と親しみ生きる