FU-sus21のプロジェクト・活動紹介


by fusus-21

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ココノイエプロジェクト(食と健康)
Naoko Ellisのココノイエ
九重 しゃしん記
九重 食の道
九重 湯の道
チアリーディング (FJCA)
キッズチアリーダー教室
Aqua Green Project
サスティナブル ツーリズム
サスティナビリティ
地域(北部九州の古代)
和の文化
四季折々の風物・・・自然と親しみ生きる
AltecとWEの伝説・・原音追求への道
カメラ ルジェンド

検索

最新の記事

ブログサイトの変更
at 2016-09-30 23:58
ブログサイトの変更
at 2016-09-30 23:58
アフガンの川筋男・・・中村哲医師
at 2016-09-13 00:00
景行天皇行幸・・・熊襲を制圧..
at 2016-09-11 18:22
くまモン頑張れ!福岡市役所前..
at 2016-09-09 21:11

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

その他のジャンル

外部リンク

画像一覧

<   2015年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

大津皇子と草壁皇子

天武天皇の二人の皇子。ともに若くして亡くなった。この二人が長く生きたなら日本史は大きく変わったかもしれない。
大津皇子は謀反を疑われ自害した。この皇子は類まれな優能な人(文武両道に優れたうえ、人間性も信頼された)だったので、どうも悪い奴に狙われたのではないかと思われるが、残念なことである。生まれは那の大津、今の博多である。大津皇子の大津は那の大津の名をとったものらしい。草壁皇子も、夭逝し、柿本人麿が「生きていれば・・・」と嘆いたほどの人物であったらしい。悪ははびこるが、善は長くは続かないのかもしれない。

東の野にひなむし(日並皇子:草壁皇子の別称)の立つ見えて、返りみすれば月西渡る(柿本人麿)
東の空に草壁皇子(ひなむし皇子)が立つのが見えたら、すでに月は西に傾いている。素晴らしい皇子の治世を期待した柿本人麿が、その死を悼んで詠んだ歌と言われる。万葉集の秀歌の一つとされる。

天智天皇も天武天皇も天皇としての在位は短いが、天智天皇は中大兄皇子として長く留まり歴史に大きな変化をもたらした人である。一方の天武天皇は古事記や日本書紀の編纂を命じた偉大な天皇としての業績があり、それぞれ百済系、高句麗系として知らている。こののち、壬申の乱により天武系が続くが、天平を経て天智天皇系が再び復活した。この辺りの政変には藤原氏が深く関わっていたと推察されている。中大兄と中臣鎌足の関係が再現されたのであろう。いずれにせよ、天智天皇と天武天皇以来、日本史は大きな転換期を迎えた。とりわけ、白村江の敗北と関わる韓大陸との関係においてである。

[PR]
by fusus-21 | 2015-05-30 19:14

そば打ち教室・・・・麺食いのための教室

麺の好きな人なら自分で打って食いたいと思うのが普通であろう。私もラーメン、うどん、そばと面食いであるからやはり自分で打って食べたいと思っていた。チャンスに恵まれ、今日参加した。本格的なさばきは、「ため勢」という福岡で有名なそば、うどん屋の大将の流れをくむ、そばに関して活動している会の会長が教えてくれる。まず、見学に行ったが、早速今日からやれということになり、初めてそば打ちを体験した。そば粉に水を加え、こね回し、円錐形の塊を作る。ここまでが勝負になる。あとは、これを伸ばし、麺棒を使って薄い一枚のそばシートを作る。それを畳んで包丁でカットとい段取りであるが、なかなか難しい。一応のやり方をこなしたが、次に再現できるかは不確かである。繰り返し、繰り返し学ぶことが大切である。皆、6〜7年のベテランであるが、なかなかうまく作れないとのことであった。精進しよう。
d0282609_23295714.jpg
11人出席して作ったので、誰の作品かはわからないが麺の太さがアンバランスである。細いのときしめんのような太さも見える。味はまあまあかもしれないが、見かけにもこだわろう。

これからタレも考える必要がある。とりあえず梅醤油を考えてみた。庭の「南高梅」を使って試みた。梅は一晩アク抜きのため水に浸けておく。そして、昆布、醤油と混ぜて作り寝かせる。熟成したらまずはそうめんに使うか、そばに使うかを考えよう。試みだからわずかな量を作ってみた。そのうち、梅酒も作ってみよう。あまり甘くないものが良いかもしれない。酒の種類も考えて、ブランデイ仕込みか、ラム酒仕込みか、ぱいちゅう仕込みなどをやってみよう。梅干しは乗り気なしである。市販品で十分な気がする。
d0282609_23404064.jpg
d0282609_23405302.jpg
梅醤油:通常は青梅を利用するが、ここでは南高梅を使ってみた。醤油は濃い口。薄口の方が良いのかもしれない。まずは試みで。









[PR]
by fusus-21 | 2015-05-24 23:42

鹿児島の砂丘らっきょう・・・甘酢に漬ける

坂の下の店に寄ったら、鹿児島産の砂丘らっきょうと宮崎産のらっきょうが出ていた。鹿児島産を早速購入し持ち帰って漬けようと言ったらカミさんはらっきょうが嫌いだそうで相手にされなかった。仕方ない、自分で漬けるしかない。

早速、漬けようと思ったら下処理が大変だった。まず、塩水で洗い、ひげ根をカット、茎をかっとして下準備をしなければならない。とりあえず処理したら、らっきょう酢というものがいるらしい。
d0282609_11544163.jpg
本格的な塩漬けというのもあるが、とりあえず簡易的な酢漬けにすることにした。まず下処理したらっきょうを10秒くらい熱湯に通す(写真上のザルに入ったものをそのまま湯通し)。ざるを引き上げて冷ます。水切りをしたら、漬けるビンに入れて、らっきょう甘酢を作る。最終的に、250gぐらいのらっきょうがあるので、酢はそれに合わせて作る。水は50g、角(氷)砂糖が60gを鍋でたぎらせながら溶かす。それに鷹の爪といわれる赤い胡椒を少々、酢を90ml加える。幾らかかき混ぜ、まだ砂糖が残ってはいるがらっきょうの上から流し込む。わずかにらっきょうがかぶる程度で良さそうだ。表面に固形物が出ているとカビにやられるらしい。これらの操作を冷えないうちにやってしまい、密閉してよく振りまぜる。数日間はよくふり混ぜたほうが良いらしい。

これで10日待てば浅漬けで、3週間で熟成が味わえる。らっきょう、されどらっきょう、まずは簡易的漬け方で済ませたが、次は本格的、古式を学ぼう。
d0282609_11545076.jpg
酢は中野嘉兵衛商店の、もろみ酢を使った。活きた酢である。

宮崎産は土付きらっきょう、鹿児島産は砂丘らっきょうだった。多分、砂丘で栽培されているのであろう。泥が付いていない分だけ綺麗に見えた。下処理の際に水洗いするが、ボールの底に砂が残っていいた。

次は、鉢植えの南高梅が10個程度の実をつけている。これで、南高梅梅酒に挑戦、一合くらいの少量高級梅酒としよう。梅酒がいいか梅干しがいいかであるがとりあえず今年は鉢植えの小さい木に10個程度であるから、梅酒で行ってみよう。梅雨どきに収穫か・・・。中国からお土産の高級ぱいちゅうがあるので、これを利用するか、ネパールからのラム酒もある。ラム酒は梅酒にするには少しもったいないし、味に癖があるから向かない可能性もある。まずぱいちゅうで挑戦してみよう。もう一つ、梅醤油という手もありこれがかなり魅力的だ。3ヶ月で熟成してくれるなら、夏場の素麺のタレに使えそうだ。
これから、ブルーベリー、ジューンべりー、ビルベリー、オリーブ、ラズベリーと順に実るが、いずれも苗が一本、あるいは、2本しかないので今年は少量仕上げで実験し、うまかったら来年苗を増やす予定。でも庭が狭いから立体的に栽培するなど工夫が必要!この辺りはおいおい考えるという呑気な話である。場合によっては、らっきょうのように市販品で間に合わせよう。

[PR]
by fusus-21 | 2015-05-21 11:59 | 和の文化

墨彩画も奥が深い・・・書道も横棒の「一」に始まったが、墨彩画も基本は直筆の横棒(線)と側筆の横棒を引くことから始まる

まず基本から学ぶことになる。書道は一を繰り返し書くこと、墨彩画は直筆と側筆の横線を描くこと、そして剣道は素振りによる打ち込みである。野球も繰り返しバットを振ること、相撲はシコとテッポウとすり足である。名選手はこれを繰り返し繰り返し行う。白鵬もいまだにすり足とシコは欠かさないという。王選手は畳が擦り切れるほど一本足でバットを振り、時にバットを日本刀に変えて振り続けたこともあったという。このように面白くない基礎的訓練を続けて初めて腕が上がるという。70に成って、これをやるには辛い。残された時間は少ないと思うからである。しかし、これなくして上達はないということである。耐えるしかない。
特に、尺八と墨彩画は用語から通じない、没骨(もっこつ)法などの用語が出てきたがチンプンカンプンである。辛抱が大切である。水墨画が中国の文化とすれば、墨彩画は日本文化ということであろう。水墨画が幽玄な山水を描くとすれば、墨彩画は身近な自然、特に草花や川や海の生き物を題材にすることが多いらしい。そのことでも日本的である。藤の花のあとは、菖蒲と枇杷を描くらしい。

墨彩画教室は10人、私以外はベテラン揃い。尺八は11人、私を含む2名が新人、残りはベテランである。書道に至っては級や段を持たないものは私のみ、なんと道は険しいものか・・・。書道の手本は王羲之と虞世南による書、唐の時代の大家である。

かくして、月曜が尺八、火曜が墨彩画、土曜が書道と習い事は3つ。尺八が一番難しそうだが、高価な尺八を買ってしまい引くにひかれない。トホホ・・・、というところ。

[PR]
by fusus-21 | 2015-05-20 23:29

教科書にデジタル化を導入・・・頭がまた雑になりそうだ

文科省が小学生の教育にデジタル導入を考えているという。大学で授業に導入した経験から言うと、思考過程がかなり雑になるということである。漢字も書けなくなるうえに、数学にも悪い影響が出ることだけは事実である。緻密な導出過程は筆記によってのみ可能で、デジタルでは途中が省かれてゆく。基礎教育が主体の小学校にこれが導入されることだけは避けることを警告しておく。おそらく経済効果などを優先する動きとは思うが、教育の場に効率は見合わない。これ以上、考えずにわかった気になる学生、生徒を増やさないように・・・。

昔の卒論は、和紙に筆で書かれていた。100年以上の耐久性を有する。筆で書かれた緻密な実験装置図をみると感激する。昔の人は偉かった。思考過程も緻密である。日本文化はあらゆるところで緻密さ、丁寧さを育て、まさに複雑なパズルを解き明かすような和の(環の)世界を作る事に適した教育の基本となるであろう。日本政府は今、この点に欠け、アメリカのポチとして、説明不足、雑で短絡的なやり方に陥っている傾向がある。国民が考え始める前に急いでことをなそうとしているしか考えにくい。我ではなく、和の精神を取り戻して欲しい。「和をもって貴しとなす」。デジタルとアナログの微妙な組み合わせがこれからは大切になる。平和に向けて和の文化を今こそ活かそう。

[PR]
by fusus-21 | 2015-05-19 10:28

5月13日から、習い事など解禁


転移肺癌手術の結果および治療計画の相談を終え、いよいよ活動開始となった。今日はまず、尺八から。自宅の練習では音が出ていたのに、いざ教室に行ってみると、なんと音が出ない。周りの経験者が朗々と吹く中で、思わず力がはいり、音はスースーというだけ、読本を見てみると力が入ると音は出ない、力を抜くこととある。然り、しかしうまく行かないものだ。まずは平常心を保つことから出直し!先生から教本をコピーさせていただいて、基礎的な練習を家でもやるようにとのこと。音はそのうち出るようになるというのが、それを信じるしかないと思う今日の出来であった。惨憺たる初日といえよう。

さあ、明日は墨彩画、これは音ではなく色の出し方と形の描きかたである。これも尺八同様、全くの未経験であるから、どうなることやら。書道は、出遅れたので、今週木曜と土曜に5月分をこなす。楷書の手本は虞世南、行書の手本は王羲之である。いずれも唐の時代の大書家である。書道の先生はNPO武士道ということで、武士道の講演会にも行くことになった。気を入れることが大事だとのこと、書も気合が大事らしい。何事も修行は厳しいということを感じる最近である。毎日が日曜というけれど気合を入れて過ごさなければならない。子供の頃に還って、木刀の素振りを欠かさないようにしよう。チャンバラが強くなりたくて、武蔵の真似(漫画に描かれた)をして、まきを裏の柿の木に荒縄で吊るして木刀で打ち込んで練習したものであった。今なら、通報されたであろう。懐かしい時代を思い出した。
d0282609_09560084.jpg
40年くらい前に英彦山で購入した樫の木の木刀。英彦山の銘が焼き付けてある。これを100回振る。50回を超えたあたりから、手応えが出てくる。体力が回復するまでは、まずこれくらいで良さそうだ。振りかぶった時に切っ先が尻に当たるくらいに伸ばし、絞り込みながら一気に振り下ろし、正眼の構えでぴったりと止める。剣道の竹刀を振るのと同じ要領である。肩を回すから柔軟運動にもなる。一振りごとに2~3歩踏み込めが足にもいいのだが、近所の方から通報されたらいけないのでおとなしく振ろう。気合をかけながらやるとさらに狂ったと思われそうなので、あまり気合は入れないことにする。窮屈な世の中になった。

防具を付け、竹刀で打ち込みを中心とする稽古は、北辰一刀流のそれである。現代的な剣道にも引き継がれている。平成26年からは「国際北辰一刀流兵法千葉道場」として、ヨーロッパを中心に国際化している。北辰一刀流の使い手で有名な達人に坂本龍馬がいる。

[PR]
by fusus-21 | 2015-05-18 21:16

冬虫夏草は癌の転移を防ぐというわけではなく、免疫を高めるという機能がある。

李先生(出雲病院)から、冬虫夏草は免疫力を高めることによって、結果として癌の転移が防げるということになるかもしれない、とのメールが届いた。ウコンと違って副作用が少ないので、免疫を高めるという治療には最適かもしれないというわけである。まずやってみるなら、送ってあげるということであった。試しにやってみて、良さそうかそうではないかを判断してはということであった。体質改善がなされたかは血液検査などでわかるから試みようとなった。方針は、冬虫夏草を服用しながら、C-Tで3ヶ月ごとの観察ということになった。もちろん、椎茸粉末やキトサンもサプリメントとして試験する。当分の間、この方針で行くことにする。線虫検査用の尿についても、1ヶ月1回はサンプルをとり、九大に届ける。これも試験の一つである。早期ガン検出の癌マーカーが開発されればこれに越したことはない。なんでも良いと思われることはやるという方針に変わりはない。
d0282609_21330071.jpg
d0282609_21324413.jpg

冬虫夏草はカプセルとして提供された。1回4錠、1日2回を服用する。
[PR]
by fusus-21 | 2015-05-14 20:22

転移性肺癌の摘出を終えて・・・今後の方針

現時点での病名と処置
S字結腸がん(II期)・・・摘出
転移性肺癌(Ia期)・・・摘出

治療方針
A. このまま経過観察(3ヶ月ごと)
B. 抗がん剤治療(半年程度)
 
ただし、II期の場合、抗がん剤治療で転移が減ったとの科学的データはなく、証明されていない。

医師の説明は、Bの方針はIII期のがんにおいて、リンパ経由で転移した場合には効果があったとの知見はあるが、II期患者ではそのような実証データはないので、あえておすすめできるというわけではない、との説明であった。

私は、抗がん治療はしないと決めていたので、A.を選択しますといって、あっさり決まった。医師と私の意見は一致したわけである。同意書にサインして、次の観察のための検診日を決め、面談は終わった。副作用などの話をする以前に医師が抗がん治療を勧めなかったので一安心!漢方による体質改善を試みたり、九大の線虫による癌脳早期発見の試験にデータを提出していると話し、医師からは「はいよろしいですよ」との回答があった。

朝9時からの診察はこれで終わり、午後4時からは大動脈瘤の手術結果の経過観察で、これはレントゲンとC-T(造影剤使用)の検査がある。C-Tは回数が多く、すでに被曝患者の状況になっているかも。これから一服して、3時には検査に向かおう。

午後4時から大動脈瘤の検診があった。造影C−Tとレントゲン撮影の結果、大動脈瘤はステントで完全に保護されており血液の漏れは認められないとのことであった。結論は単純で次の検査日は術後約1年の12月9日と決まった。

以上、経過は良好とのことで、あとは転移が起こらないよう体質改善に努力するのみであろう。癌についてはマーカーが期待できないので3ヶ月ごとにC-Tで追跡となった。8月26日が検査日となった。やっと、8月までは何もなく過ごせる。もちろん、何か症状が出ればすぐ連絡せよとのことである。長い1日がようやく終わってほっとした。


[PR]
by fusus-21 | 2015-05-13 12:36

尺八を先生に吹いてもらう・・・これはいい音色だ

骨董屋から借りてきた尺八を先生に吹いてもらった。いい音色だとのことであった。買ったほうがいいですかと聞いたら、買わないなら私が買おうかなということであった。

歌口は多分、博多にゆかりの明暗流の形状とのことであった。先生は都山流であるから、ダメと言われるかと思ったら、いい音が出ればいいんですよとのこと。早速、買うことに決め、サークルに入会することにした。まず音が出ないことには話にならないから、心配ではあった。借りている間はほとんどなってくれなかった。先生が吹いたら鳴ったので、どうしてだろうとまた挑戦を繰り返した。

今度は鳴った。お金を払う前は借り物なので緊張していたのか、大変かたが凝ったのであるが、今度はあまり力が入っていないせいか、肩も凝らない。リラックスすると音が出るということか・・・。よく鳴る。しかし、先生の前ではでないかも・・・。緊張して!
d0282609_20323974.jpg
うまくなるコツは、ただひたすら向き合うこと、吹いてみることであるらしい。今の会員では一番経験の少ない人で1年半。次は2年半。あとは5年以上のベテランらしい。うまく鳴るのか心配である。それほど尺八は難しい。ロの音は筒音と言われる音で初めは出にくいらしい。今日は鳴ってくれた。感激であるが、安定して出るとは言い難い。へこたれず練習しなければならない。ツーツー、レロレロ、とやっておれば副交感神経が刺激され免疫細胞が活性化される。しかし緊張してはいけない。楽しむことが大切である。

林道風先生は楽しく、焦らずやりましょうとのことであった。みんなでツツー、レロレロ、ツーレロ・・・・・を膝を叩きながらリズムをとって楽しむのが大事で、吹けなくてもいいから出席しなさいと言われた。手術の回復までは無理しないようにゆったりとやりなさいとのこと。尺八の管も都山流にこだわらなくて良いというおおらかな先生である。しかも、月謝もいらないとのこと。

[PR]
by fusus-21 | 2015-05-11 20:41

冬虫夏草の効果・・・抗がん剤の副作用防止

ここのえ薬草研究会で癌の転移を防止するため、冬虫夏草がいいのではないかとの提案があった。これは事実かどうか李先生に問い合わせた。先年、環境未来オフィスの国際市民大学院講座で講演いただいた中医の医師である。抗がん剤を使うか、漢方で乗り切るかを決断するための質問を行ったわけである。詳細な見解が届いた。

まず、冬虫夏草は癌の転移を防止するためには弱いのではないかとのことであった。むしろ。抗がん剤の副作用(血液細胞と血小板減少)などを抑える役割はあり得るとのこと。癌の転移の予防にはウコンとその活性成分クルクミンが効果があるかもしれないとのことであった。ウコンは漢方で肝臓に良いとして知られているが、これは肝臓の解毒機能亢進作用、利胆作用が強いからである。しかし、最近、培養がん細胞を使った実験では、クルクミンおよびその類縁物質には、抗炎症、抗酸化、転写因子NF-κB の活性化阻害、誘導性一酸化窒素合成酵素(iNOS)やシクロオキシゲナー ゼ-2(COX-2)活性阻害、がん細胞のアポトーシス誘導などの作用が報告されているからという。ウコンの抽出エキスはその抗酸化作用によって抗がん剤ドキソルビシンの心臓毒性を軽減することも報告されている。がん治療において、治癒力の増強、発がん予防、悪性進展阻止、転移の予防などの効果が期待できることになる。さらに、ウコンやクルクミンのNF-κB阻害作用が、抗がん剤の効き目を高める可能性を示唆する研究が多く報告されている。発がん物質を使った動物実験では、皮膚がん、胃がん、大腸がん、乳がん、肝臓がんなどの発生を抑える効果が報告されており、クルクミンのがん予防効果や、がん患者における抗腫瘍効果を検討する多数の臨床試験が米国などで実施されているらしい。ここで注意しなければならないのは、ウコンには不純物が多くこれが肝機能などに災いを及ぼす場合が多いことである。必ず、抽出して有効成分の濃度を高めたもの、有害不純物をカットしたものを服用する必要があるとのことである。

人間に対しても有効かといえば、若干難しい面が指摘されている。その一つは、腸管からの吸収率が極めて低いのと、血中の半減期が短いことである。クルクミンは小腸粘膜とと肝細胞で急速に代謝され、1日あたり2~8gを摂取しても血中濃度は無視小で癌に効くとは思えない。つまり、サプリメントとしての摂取は有効ではないといえよう。癌を痛めつけても、正常な細胞も痛めつけられるわけである。

以上が、李先生の見解である。誠に理路整然と説明されている。今後の作戦としては、やはり免疫力を高め、転移を阻止するしかなかろうというところである。抗がん剤はもろ刃の刃ということである。


[PR]
by fusus-21 | 2015-05-11 17:35 | ココノイエプロジェクト(食と健康)