FU-sus21のプロジェクト・活動紹介


by fusus-21

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
ココノイエプロジェクト(食と健康)
Naoko Ellisのココノイエ
九重 しゃしん記
九重 食の道
九重 湯の道
チアリーディング (FJCA)
キッズチアリーダー教室
Aqua Green Project
サスティナブル ツーリズム
サスティナビリティ
地域(北部九州の古代)
和の文化
四季折々の風物・・・自然と親しみ生きる
AltecとWEの伝説・・原音追求への道
カメラ ルジェンド

検索

最新の記事

ブログサイトの変更
at 2016-09-30 23:58
ブログサイトの変更
at 2016-09-30 23:58
アフガンの川筋男・・・中村哲医師
at 2016-09-13 00:00
景行天皇行幸・・・熊襲を制圧..
at 2016-09-11 18:22
くまモン頑張れ!福岡市役所前..
at 2016-09-09 21:11

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

その他のジャンル

外部リンク

画像一覧

高血圧新基準に医学会、化学会社猛反発・・・医者の反論にしては???

血圧新基準に医師会や、高血圧学会、もちろん化学会社(医薬製造会社)が猛反発しているとの報道がNHKであった。その理由が医者らしからぬというか、日本の医者特有と言うかその類いのものである。あたかも患者のことを思ってというような言に見えるが、明らかに一兆円の薬剤販売の利益を守るためにしか思えない。なぜなら、高血圧薬剤の心臓病死増加の懸念が米学会誌などで報道され始めたし、薬物の危険性を無視しているからである。現在の収縮き140、拡張期90は予防を開始する値であると反論しているらしい。薬剤の投与は予防にはならない、予防は生活習慣や食生活の改善によるしかない。薬剤は副作用が大きく奨められない。とりあえず血圧を下げる場合には効くが、その反作用としての体調異常が生じる(自身体験したので明確になった。アメリカの学会誌に出た内容と同様の副作用がでたのである。わたしだけの現象と当初考えていたが、上の情報を薬害オンブズマンが情宣してくれたので一般的事例と判明した。)。生じさせないためには薬剤の量を減らし調整するしかない。そうまでして飲む必要はなさそうだ。健康体であれば食生活と生活習慣で改善できる。

10年間上が160下が100以上で過ごしていた。過労が原因だったと思われる。倒れたのは血圧のせいと思い込んでいた。高血圧治療に使われた薬でひどく心臓やその他の臓器、全身の筋肉を傷めた。薬をやめると血圧が上がった。そこで食生活(腹8分)、十分な睡眠、野草や野菜を増やす、枸杞等の生薬を飲む、これらの努力で結果を見ると、この5月には収縮期149、拡張期90弱(5月の平均値)にまで改善した。上下とも約10mmHgの低下である。さらに血圧の追跡、枸杞と食材による血流の改善で検査結果を整理したい。
これを予防と考えるが、わたし自身は予防ではなく高血圧であったので、治療と考えてよい。食生活改善による治療である。ゆっくりと下がってゆけばいいのだ。もう一つ忘れてはいけないのが寝具、特に枕の効果である。肩こりが消えたのである。これは全身の血流に影響する。特に脳への影響が大きいと思う。循環器系の医者であるが、特に薬の薬害については触れようとしない。高血圧の薬は薬害が少ないと強調する。アメリカの文献とは異なった言い分である。「日本は医者優先、西欧は患者優先」と言い切ったのはどこかの製薬メーカーであった。記憶に新しいデータねつ造に社員が加担した会社であった。

今回の新基準は年齢による差異に触れていない。60歳以上では上は160くらいまでが健康体とのことであるが、予防のためには150以下と考えた方が良かろう。また低すぎるのは脳梗塞等の原因となるのでこの点も注意した方がよい。循環器系の医者は、一般的に「血圧が高いから薬を飲んだら長生きしますよ。」というが理屈には合っていない。薬を飲ませるための言としか考えられない。きちんと高いときの問題、低いときの問題、さらに基準値の考え方、薬の薬害と治療の緊急性などを患者に説明すべきである。

[PR]
by fusus-21 | 2014-05-22 08:19 | ココノイエプロジェクト(食と健康)