FU-sus21のプロジェクト・活動紹介


by fusus-21

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
ココノイエプロジェクト(食と健康)
Naoko Ellisのココノイエ
九重 しゃしん記
九重 食の道
九重 湯の道
チアリーディング (FJCA)
キッズチアリーダー教室
Aqua Green Project
サスティナブル ツーリズム
サスティナビリティ
地域(北部九州の古代)
和の文化
四季折々の風物・・・自然と親しみ生きる
AltecとWEの伝説・・原音追求への道
カメラ ルジェンド

検索

最新の記事

ブログサイトの変更
at 2016-09-30 23:58
ブログサイトの変更
at 2016-09-30 23:58
アフガンの川筋男・・・中村哲医師
at 2016-09-13 00:00
景行天皇行幸・・・熊襲を制圧..
at 2016-09-11 18:22
くまモン頑張れ!福岡市役所前..
at 2016-09-09 21:11

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

その他のジャンル

外部リンク

画像一覧

健康食としてのグミ・・・敬遠される渋みを克服する

グミの実にはビタミンEが沢山含まれており、その量はフルーツではトップクラス。その働きは強い抗酸化作用と言われている。活性酸素を抑え体内の不飽和脂肪酸の酸化を防ぎ、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防に効果が期待できる。βカロテンも豊富で抗酸化作用があり、皮膚や粘膜の細胞を正常に保つと共に、免疫力を高める効果や癌予防にも効果があるらしい。

d0282609_22101240.jpg

そこで食べ方について試みた。まずは塩水に半日程度つけておき表皮などの殺菌を行う。収穫するときや塩で洗った後、そのまま生で食べるのがおいしい。しかし、まだこの時期は鳥もあまり食べていない。渋みがきついからである。6月になると美味しくなるが鳥との競争になる。そこでこの時期にはどうするかということになる。


塩水で洗った後、水切りしてつぶすと果汁がとれる。この果汁はこの時期は渋みがあるので、レモン汁と混ぜると渋みがとれ、甘みが感じられるようになる。これをヨーグルトかアイスクリームにかけてやると健康的なデザートになるが、ヨーグルトの場合、酸っぱさが嫌いな人にはお勧めできない。蜂蜜を加えれば甘く食べやすくなる。わたしの場合は酢が好きなので問題なく美味しく感じられた。


甘くするには、すり潰して果汁をとったあとの固形物を煮込む。途中で砂糖を加える。水分がなくなるまで煮込めばジャムができる。グミの果肉と表皮のみで作ったジャムは甘酸っぱく絶品であった。おすすめである。まぜものなしの自然食であるから、悪くなりやすいので冷蔵庫に保存して早めに食べること。

d0282609_22024386.jpg
実験としては酢漬けにしてみた。渋みが消えれば言うことなしであるが。酒はなかったので試みていないが、酒による抽出もいずれ試してみよう。

[PR]
by fusus-21 | 2014-05-25 22:12 | ココノイエプロジェクト(食と健康)