FU-sus21のプロジェクト・活動紹介


by fusus-21

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
ココノイエプロジェクト(食と健康)
Naoko Ellisのココノイエ
九重 しゃしん記
九重 食の道
九重 湯の道
チアリーディング (FJCA)
キッズチアリーダー教室
Aqua Green Project
サスティナブル ツーリズム
サスティナビリティ
地域(北部九州の古代)
和の文化
四季折々の風物・・・自然と親しみ生きる
AltecとWEの伝説・・原音追求への道
カメラ ルジェンド

検索

最新の記事

ブログサイトの変更
at 2016-09-30 23:58
ブログサイトの変更
at 2016-09-30 23:58
アフガンの川筋男・・・中村哲医師
at 2016-09-13 00:00
景行天皇行幸・・・熊襲を制圧..
at 2016-09-11 18:22
くまモン頑張れ!福岡市役所前..
at 2016-09-09 21:11

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

その他のジャンル

外部リンク

画像一覧

山口怜子の食工房・・・温泉地熱食奮戦記

山口さんの健康と食を考える原点は、手術見学で肝硬変の患者さんの内蔵を見てから。食の乱れが肝臓をかちかちに、胃をドロドロにしてしまうことを見てしまったこと。化学調味料や食品添加物が如何に怖いかを知った。

熊本県阿蘇郡小国町岳の湯に食工房「地熱たべもの研究所」を開設。さらに大分県玖珠郡九重町地蔵原に「地蔵原ヴィレッジ」を開設、癒しの衣食住を体験する空間を設計した。現在、このヴィレッジはNPO法人福岡サスティナビリティ21の事業拠点としても開放されている。

化学調味料、食品添加物を使わずに旨味を引き出すことを試み、食材を使い尽くす、当然ながら化学薬品そのものの薬を使わずに健康な暮らしを全うすることが理想である。癒しの空間をどのように設計し,自然の中で生き物らしく生きることが健康な生活の原点と考える。
d0282609_15345846.jpg
食工房前から岳の湯の風景(赤い旗が憲ちゃんの喫茶ぎしんとう、室内から蒸気が吹き、いまは休業中)。このような蒸気の中に地熱たべもの研究所がある。

d0282609_15420645.jpg
地熱たべもの研究所で広州中医薬大学の李思宁教授(右)と議論。

高遠智子さんは、自身が癌におかされ、末期癌から生還するためにオーガニック薬膳ライフを実践した。

私は、高血圧の薬による副作用から心不全,腎不全に陥り、それをきっかけに薬を止め、医者にかからず、薬を飲まずに回復させようと食生活と生活習慣を変えてみたが、いまその過程であり、2年がかりですこしはまともになったところであろうか。ちなみに今日の血圧は上が141mmHg、下が87mmHg(三回測定の平均値)であった。まだ、体験を語るまでにはなれないが、努力中である。自分で納得できるぐらいに回復したらまとめてみたい。まずは共通点の確認からはじめる。

「ことの発端」
高遠さん:末期がん宣告と余命3ヶ月からの生還(自著)
山口さん:化学調味料で顔が腫れたほどの過敏体質(情報誌 コトレシピ)
私:高血圧薬の試飲で、心不全と腎不全の激しい副作用がでた過敏体質(初めての薬と副作用を体験)
d0282609_16522154.jpg
癌と言えばしばしば話題になるトマトと人参。これは「ぎしんとう」で出た岳の湯の無農薬トマト。このままで美味しい。モンマルトルのマルシェのトマトとどちらが美味しいかを試してみたい。

[PR]
by fusus-21 | 2014-06-11 14:53 | ココノイエプロジェクト(食と健康)