FU-sus21のプロジェクト・活動紹介


by fusus-21

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
ココノイエプロジェクト(食と健康)
Naoko Ellisのココノイエ
九重 しゃしん記
九重 食の道
九重 湯の道
チアリーディング (FJCA)
キッズチアリーダー教室
Aqua Green Project
サスティナブル ツーリズム
サスティナビリティ
地域(北部九州の古代)
和の文化
四季折々の風物・・・自然と親しみ生きる
AltecとWEの伝説・・原音追求への道
カメラ ルジェンド

検索

最新の記事

ブログサイトの変更
at 2016-09-30 23:58
ブログサイトの変更
at 2016-09-30 23:58
アフガンの川筋男・・・中村哲医師
at 2016-09-13 00:00
景行天皇行幸・・・熊襲を制圧..
at 2016-09-11 18:22
くまモン頑張れ!福岡市役所前..
at 2016-09-09 21:11

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

その他のジャンル

外部リンク

画像一覧

尾崎放哉・・・おならの豪傑?

尾崎放哉、荻原井泉水(句碑が太宰府天満宮のお石茶屋の前の草むらの中にひっそりと建っている)の弟子で山頭火と双璧のような人である。天才(東京帝国大学法学部卒業)といわれているが、有名なのは山頭火の方であろうか。世の中とはそのようなものである。放哉とは「放屁」の意味であるらしい。よほど豪快に放出していたのであろうか。真偽のほどは定かでない。

車寅次郎、人呼んで瘋癲の寅さんも負けず劣らずすごい。「出物、腫れ物所構わず。桜!お前もかい」と見合いの席で気に食わない相手との縁談をぶちこわす。元気な寅さんの真骨頂である。

放屁といえば、戦国の武将、天海和尚。戦国を生き抜き、徳川3代に仕えて知恵袋となった豪快な和尚さん(戦国時代は武将として徳川家康の陣に入って参謀を務めた)である。家光等に「天下人の生き方」を指南した。「まず放屁を欠かさず、ゆったりした心で生きること」を教えたという。例がWikipediaにある。秀忠に対しては「長命は、粗食、正直、日湯(毎日風呂に入ること)、陀羅尼(お経)、時折、ご下風(屁)あそばさるべし」、短気で好色な家光に対しては「気は長く、務めはかたく、色薄く、食細くして、心広かれ」と説教したという。

わたしは最近、おならが出なくなって入院した。脱水状態で、便が硬化してガスを詰めたようだ。とてつもなく腹が痛かった。パンクしそうな気がした。このときほど放屁ができない自分を嘆いたことはない。普段なら自慢の腹筋力で問題なく出せるのに、出ないことの苦しさを味わった。やはり寅さんがいうように健康のバロメーターなのであろう。納豆を食べて血液さらさらと、さらに旬のムカゴ飯まで食べて毎日を過ごしていたが、そのため最悪の事態になった。納豆等は健康食の最たるものではあるが大量のガスを作り出す。詰まった特には悲惨なことになる。やはり食は「バランス」である。良いからといって連日食べてはいけないのかもしれない。過ぎたるは及ばざるが如しと天海和尚は言ったかもしれない。和尚に聴いてみたかった。彼は、戦国を江戸にかけて生き抜き108歳で天寿を全うしたのである。時折、ご下風を吹かせながら。しかし、「時折」が大切である。

[PR]
by fusus-21 | 2014-11-12 06:23 | ココノイエプロジェクト(食と健康)